アートと文藝のCafe

アート、文芸、映画、音楽などを気楽に語れるCafe です。ぜひお立ち寄りを。

「ことわざ」は突っ込みどころ満載だ

ヨタ話

  

 
 人生の真実を、気の利いた言葉の中に鮮やかに集約する「ことわざ」。

 日本人が、古来より受け継いできた「ことわざ」は、まさに、生きるための知恵の結晶である。
 だけど、よく考えてみると、どれも「なんか変 … 」という感触がつきまとう。
 
 たとえば、 
 「負けるが勝ち」
 … とかいうけれど、では勝ったら負けちゃうのか?
  
 「逃した魚は大きい」
 … とかいうけれど、では捕まえた魚は小さいのか?

 

f:id:campingcarboy:20190130043457j:plain


 「嘘つきは泥棒の始まり」
 … では、泥棒は嘘つきの “終点” か?
 
 「可愛い子には旅をさせろ」
 … では、醜い子は家に閉じ込めておくのか?
  
 「風邪は万病のもと」
 … では、万病は風邪の “結果” か?
  
 ま、ことわざって、考えてみると、突っ込みどころ満載の表現なんだよね。
  
 たとえば、
 「勤勉は成功の母」
 父は誰だ?
 
 「五十歩百歩」
 五十一歩の場合はどうなのか?  

 「山椒 (さんしょう) は小粒でもピリリと辛い」
 唐辛子と比較した上でのことか?
 
 「舌を巻く」
 イタリア語では珍しくないぞ。
 
 「雄弁は銀。沈黙は金」
 “饒舌” は、さしあたり “銅” ぐらいか。
 
 「血は水よりも濃い」
 塩水の場合だったらどうなのか。
 
 「井の中のカワズ(カエル)は大海を知らず」
 カワズを大海に放り出せば生きていけるのか?